<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-KWSW7ZQ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

商談の最新情報を取引先レコードの画面上に表示したい

 2020.05.26 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「Customer Service for Salesforce – Remote Service- (旧AGORA)」サポートメンバーのKです。
Salesforce運用支援サービスのサポートをしています。
自分が担当している企業の中で走っている案件(商談)を、担当者として全体把握しておきたい。営業に携わるほとんど全ての方が思うことですよね。Salesforceなら、簡単に「見える化」することができます!

今回は、その「見える化」について(子レコードの最新の日付を親レコードに表示する方法)についてお伝えします。

各商談の最新情報を取引先の画面に表示したい

とある取引先様に対して、いくつもの商談(案件)が走っている、という状況はよくある事だと思います。

進行中の各商談に関する最新情報が どれくらいのあいだ 更新されていないのか、直近で完了した商談の完了日(受注が確定した日) は いつだったのか……取引先の画面上で 一度に確認したい!

親レコード(取引先) の情報を子レコード(商談) に表示するには数式項目を使えばいいけれど、その逆はどう設定する?
取引先の画面上で、直近進行している商談の項目が確認できたら便利ですよね!

取引先画面

解決内容

〈解決キーワード〉
 取引先と商談
主従関係
積み上げ集計項目

積み上げ集計項目」をという機能を使用すれば、「商談」の値を集計して、「取引先」の画面上に表示することができます。

「積み上げ集計項目」機能では、商談の[合計金額]を表示する、商談の[数を集計]する、といったこともできますが、「日付」項目、「日付/時間」項目を使用して、[一番古い日付]、[一番新しい日付/時間] などが表示できます!

操作パス

Salesforceの画面右上、歯車のマークをクリックし、
[設定]をクリック >>

→ [オブジェクトマネージャ] タブをクリック
→ 「取引先」をクリック
(※「クイック検索」というボックスに ”取引先” と手入力すると、最もクイックに「取引先」にアクセスできます。)

→ 画面左部分の [項目とリレーション ]をクリック
→ [新規]をクリックして、データ型「積み上げ集計」を選択し、新しい 集計項目を作成していきます。

積み上げ集計項目 作成後のイメージはこのようになります。↓ ↓

取引先積み上げ集計項目画面

 

「積み上げ集計項目」機能を使って「商談」の項目を「集計」した結果は、
「主オブジェクト」である「取引先」の画面にこのように表示されます。↓ ↓

取引先画面2

プロセスビルダーやワークフローなどと組み合わせれば、積み上げ集計項目の値をキーにして、商談の他の項目を表示させることもできます。

「積み上げ」に類似する集計方法だけでも、弊社サイト内にたくさんの過去記事がございます。ぜひご参照ください。

リレーションが「参照関係」でも積み上げ集計したい場合は?
条件付きの積み上げ集計- (1)
条件付きの積み上げ集計- (2)
「無い」を表示したい。レポート作成の便利な機能「クロス条件」とは

最後に

「どう設定していいか分からない」
「どう質問内容を伝えたら、やりたいことが伝わるのか、セールスフォース用語が分からない」
「もっと便利な方法があるかもしれない」

日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど、ちょっとしたことをリモートで相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

Customer Service for Salesforce – Remote Service- (旧AGORA) には、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

セールスフォースの運用をサポート AGORA