menu
%}

Chatter - 投稿・アンケート・質問の表示/非表示方法 -

 2022.09.06 customer_success

こんにちは!アドミニストレーターのKです。

LightningレコードページにてChatterを配置したものの「アンケート」や「質問」タブは必要ない…であったり、そもそも「投稿」が表示されない…といったお悩みを解決いたします!

Chatterの設定方法_素材0

最後にChatter小ネタ集もありますので、是非ご覧ください。

フィード追跡の有効化

まず、LightningレコードページにChatterを配置するためには「フィード追跡の有効化」をする必要があります。こちらの記事Chatterフィードが表示されない でも紹介していますが、おさらいです。

① 設定 >「フィード」と検索
 
② 「フィード追跡」をクリック
 
③  Chatterを配置したいオブジェクトを選択
 
④ 「フィード追跡の有効化」にチェック
 
⑤ 保存 
 

投稿付きChatterの配置方法_素材1

 

LightningレコードページにChatterを追加

 
まずは、Lightningレコードページを開きます。
 

Chatterを配置したいレコードを開き > ① 右上歯車マーク > ②「編集ページ」 をクリックChatterの設定方法_素材10

 
配置したい場所に ①「Chatter」をドラッグ&ドロップ
 

Chatterの設定方法_素材2

 

投稿・質問・アンケートはページレイアウトで設定

 
まずは、ページレイアウトを開きます。
 
Chatterを配置しているレコードを開き> ① 右上歯車マーク> ②「オブジェクトを編集」をクリックChatterの設定方法_素材4
 
 
① ページレイアウト > ② 編集したいページレイアウトを選択
 
Chatterの設定方法_素材6
 
 
 
 
 
◆ 「アンケート」と「質問」タブを非表示にしたい場合 
 
 
①「アンケート」と ②「質問」を緑点線枠内にドラッグ&ドロップ > ③ 保存
 
Chatterの設定方法_素材3-1
 
 
 
保存すると…アンケートと質問タブが非表示になりました!
 
Chatterの設定方法_素材7

 

◆ 以下のような画面になっている場合

① 定義済みアクションを上書きをクリックして編集可能です
 
Chatterの設定方法_素材5
 
 
 
 
◆ 「投稿」を表示させたい場合
 
 
① モバイルおよび Lightningアクション > ②「投稿」を緑点線枠内にドラッグ&ドロップ > ③保存
 
Chatterの設定方法_素材9
 

おまけ:Chatter小ネタ集

おまけにChatterの小ネタ3選をご紹介!是非活用してみてください。
 
 
 
【1】「/」でレコードリンクにできる
 
Chatter投稿する際に、レコードのリンクを簡単に張ることができます。
 
 
①「/」(半角スラッシュ) を入力しレコード名を入力
 
②下にレコードの候補が出るので選択
 
 Chatterの設定方法_素材16
 
 
 
【2】種類豊富な顔文字
 

Chatterには顔文字が存在していることをご存知でしょうか?😃マークより選択できますので是非試してください。これで日常の会話も華やかになりそうですね!

Chatterの設定方法_素材12
 
 
 
 
【3】メンションごとコピーすると通知が飛ばない
 

過去に投稿されたメッセージをコピーし、もう一度投稿する場面があるかと思います。その際にメンションをコピーしてしまうとメンションに失敗し、宛先のユーザに通知が飛びません。したがって、メンションはコピーせず、1回1回入力しましょう!

※メンションとは…メッセージの宛先として「@(アットマーク)名前」を付けること

 

Chatterの設定方法_素材17

上の画像にも記載していますが、メンションが成功しているか失敗しているかを確認する方法は「@[名前]」の下に点線が入っていれば成功、入っていなければ失敗です。

 

最後に

今回はChatterの「投稿・アンケート・質問」の表示/非表示を設定する方法についてのご紹介でした。このブログを読んで頂いた後、是非設定してみてください!

「設定で長時間悩んでしまう」「効果的に利用できているのかわからない」「運用を任せられる人がいない」など、Salesforceをうまく活用できていないと感じることはありませんか?

サークレイス社の運用保守サービスは、日々のSalesforce運用を力強くサポートします。
Salesforce
認定アドミニストレーターが、ちょっとしたお問い合わせ対応から運用を丸ごと任せたいというご要望まで、幅広くお応えいたします。詳しくは以下の特設ページをご覧ください。

新規CTA