menu
%}

【トレーナー】「成長痛」を味わいながら努力した経験が、未来に繋がる。私がトレーナーとして挑戦する理由がそこにある

 2022.02.14 Saito

入社当時、全くのIT業界未経験からSalesforceのカスタマーサクセスコンサルタントを始めたMiwakoさん。
現在はカスタマーコンサルタントの経験を活かし、Salesforceの使い方や活用方法を教えるトレーナーの仕事につくなど確実な成長を遂げています。

しかし、ここに至るまでは、全くわからない分野を必死に勉強したり、お客様の声を聴きながら自分の強みが活かせる分野を見つけたりと、苦労も工夫もしてきたといいます。

今回は、そんなMiwakoさんにトレーナーの仕事のやりがいや、サークレイスで働く環境についてなどをお聞きしました。



DSC06884

Miwako.T
2016年2月入社
Educationt事業部 Trainer

派遣社員として事務職などを経て2016年2月にサークレイス入社。入社後はカスタマーサクセスコンサルタントとしてSalesforce導入企業の活用支援を行う。2020年5月、Education事業部に異動。Salesforce認定インストラクターとして顧客向けにトレーニングを行っている。

派遣社員から、未経験でSalesforceの世界へ

まずはMiwakoさんの前職やサークレイスに入社した理由について教えてください。

子供が二人いたので、子育てをしながらできる派遣の仕事をしていました。コンサルティング会社に所属し官公庁や研究所のシステムのITサポートなどに携わり、9〜10年はいたでしょうか。 Microsoft Officeの資格を持っていたので、それを活かした業務にあたっていました。

サークレイスに転職した理由は、子育てが落ち着いたタイミングで自分がもっと成長できるところで働きたいと思ったからです。派遣の仕事だと、頑張ってもキャリアアップを感じられなかったので、年齢的なところで不安はありましたが、何か新しいことに挑戦しようと。

そこで、求人サイトで仕事を探した際に募集要項に惹かれたのがサークレイス(当時の社名はパソナテキーラ)のSalesforceアドミニストレーター(現在はカスタマーサクセスコンサルタント)という職種だったのです。

どのように惹かれたのですか?

Microsoft Office以外の仕事もしてみたかったのと、ITの経験がなくても頑張れば何とかなる!と読み取れたので、私でもできるかなと……やってみてダメだったら、それはそれで(笑)

実際にはいかがでしたか?

最初は難しくて、とてもじゃないけど私では無理だとすぐに思いましたね。他社のグループウェアは使ったことがあったのと、システム管理者の経験はあったので私でも大丈夫だろうと思っていたら、研修で習うことは全く知らないことだらけだったことを覚えています。

入社したのは2016年2月で、同期は5人いましたがみんな優秀で、私は勉強の仕方もわからないし、研修で出てくる言葉も知らないという状態で、本当に泣きそうでした。

そんなMiwakoさんは、今でもSalesforceに関わり、トレーナーとして教える立場にもいます。続けてこれた理由は何でしょうか?

なんだかんだ言って、Salesforceが好きなんです。
仕組みや設定が面白いと感じていますし、どんなに勉強しても完璧ということがない深さもある。知らないこと、調べないといけないことがたくさんあるから続けている、そんな感覚ですね。

常に勉強しながら成長し、現在はトレーナーに

DSC06845

研修後、現場に入ってからはいかがでしたか?

最初はSalesforceを初めて使う人たちに、どのように使うか説明する業務につきました。
レクチャーしながら、「あ、そうなんだと」と私も初めて知ることがあるくらい、最初は全然できず、落ち込むことの連続でした。
ただ、その中で発見が多かったこと自体がSalesforceの魅力の1つでもあり、通り一遍ではない、課題解決に向けて幅広いパターンがあることに面白さも感じるようになりました。

例えば、お客様からいただく要望は「なんかこんなことをしてみたい」といったふんわりとしたものが多かったのですが、お客様の環境だったらどんなことができるのかを一緒に考えるのが好きになりました。
自分の中でひらめいたことを1つひとつ検証していく作業や、メリットやデメリットを予めお客様に伝えた上でSalesforceの実装をお手伝いしていくことなどを通じて、「これをやってよかったよ」と言っていただくことが最大の喜びになりましたね。

もっと成長できるところで働きたかったMiwakoさんの願いが叶った形ですね!

そうですね。現場に配属された初期は自己判断で動いた反省もあり、お客様の要望をしっかりヒアリングした上で、お客様が何を一番やりたいのかを考えていくスタイルになるなど自分の中でも変化がありました。
そのため、常に勉強していくことも必要で、成長していく過程は大変でしたが楽しめました。

その成長を経て、現在はトレーナーになりましたね。

トレーナーになったのは2020年5月からです。打診された際は、まさに青天の霹靂でした。
いままでとは何か違うことができるかもしれないという期待と、ダメならダメでそのときに考えようというポジティブな気持ちで挑戦しました。


年齢に関係なく成長痛を味わえる環境

DSC06825

実際にトレーナーの仕事はいかがでしたか?

まずはしばらく勉強の毎日でした。
Salesforceのトレーナーとしての認定試験に合格し、その後の審査を通らないと本番デビューができないからです。2020年の8月に試験を受けたので3ヶ月くらいはトレーニングの勉強に費やしましたね。

コロナ禍だったので、勉強はオンラインで行い、その後の本番でお客様へトレーニングするのも自宅から配信するなど、まさに新しいこと尽くめで大変でした。最初の授業は特に緊張したのを今でも覚えています。

最初は誰でも緊張しますよね。今は楽しくなりましたか?

まだトレーナーとしては経験が浅く、上司に「楽しい?」と聞かれても、全然楽しいと言う余裕がなかったのが正直なところです。
お客様とはオンラインでコミュニケーションをとっているので、どの程度の進捗で演習を進められているかが見えなかったり、時間内に終えるために休憩時間を何分にしようかとか、直接顔を出さない方もいるので一方的に話していないかも心配になったりと、不安な点はたくさんあります。

でも、授業の終わりに「わかりやすかったです」「事例とか教えてもらえて良かったです」と言われるとやって良かったと思いますね。私自身がSalesforceのことがわからない人間だったので、お客様がどこでつまずいているのかや、ここわかりづらいよねという勘所がわかるので、昔悩んだことは無駄じゃなかったのかなと思えていることも個人的には大きいと感じています。

他のトレーナーの中で現場経験があるのは私だけなので、お客様が業務に活かせるように自分の経験したことを話したり、ここが便利でここは注意するポイントといった私が持っている知識は全て伝えようとしています。
お客様にSalesforceを嫌いになってほしくないので、機能の紹介だけではなく、具体的な場面をイメージして便利に使ってもらえるようにアドバイスするなど、現場経験がある強みを活かしてお客様に喜んでもらいたいですね。

会社としてのサポートはいかがでしたか?

最初のデビュー時は一人先輩がついて、つきっきりでトレーニングやレビューをしてくれました。その丁寧なサポートはとても助かりましたね。
また、チームミーティングでいろいろな人がうまくいった方法を共有していたり、オンラインチャットで気軽に質問できるのもサークレイスの特徴だと思います。トレーニング中に困ったことがあっても安心して社内に聞ける雰囲気や環境があるのはありがたいことです。

あとは壁にぶつかった時、上司である事業部長の藤岡から「これは成長痛だから」と言われて(笑)。この歳で成長痛が味わえることはなかなかないのでありがたいことだと思っています。

今までやってきたことに無駄はなく、繋がっている

DSC06939

家庭との両立はいかがですか?

直近はトレーナーとして各コースのデビューが重なったタイミングなのでプライベートより、勉強を重視しています。
ただ詰め込んだ分、できることの精度も高まってきたので、これからはプライベートも充実させていきたいですね。自分が楽しんでいないとお客様も楽しめないので、ワークとライフのバランスをうまくとるより、両方充実させて活力を生み出していきたいと思います。

最後にMiwakoさんの今後の目標を教えてください

この前も上司との1on1のときに、「3年後、5年後どうしたい?」と聞かれましたが、今は目の前のことに必死すぎてそういうところが見えていませんでした。

ただ、好きなことで考えると、誰かをサポートする業務なんですよね。
例えば、現在トレーニングに来ていただいているのはSalesforceの知識がある人が多いのですが、これからは右も左もわからない初心者向けのトレーニングができないかと個人的に考えています。
また、お客様のためになるような実用的なものや、フォローアップトレーニングなども興味があります。
これは、最初からトレーナーの仕事だけをやっていたら気づかなかったかもしれません。

現場を経験したことが無駄ではなく、今に繋がっているんだなと感じているので、これからも将来に繋がっていくことをやっていきたいですね。

New call-to-action