システム管理者が代理ログイン後に、再ログインしなくて済む方法

システム管理者が代理ログイン後に、再ログインしなくて済む方法

 2020.02.07 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービスCustomer Service for Salesforce –Remote Service–(旧AGORA)」のサポート担当 Ino です。

システム管理者なら一度は使った事がある、代理ログイン。「〇〇さんに成り代わってシステム管理者がログインし、〇〇さんがログインした場合の動作を確認する」という機能です。
この機能を使用後、〇〇さんのアカウントからログアウトすると、自分のアカウントも一緒にログアウトされてしまいます。コレ、ちいさなことですが、毎回モヤモヤしますよね。

再ログイン、面倒くさい……

毎日Salesforceのユーザから依頼されたことを実装し、テスト作業をひとつ行う度に、毎回自分のアカウントでログインしなおさなければいけないって、どうにかならないの? というお客様のお声を 時折耳にします。

実は、代理ログインの後、再ログイン無しで自分のアカウントに戻る方法、あります!グループ 843

*「代理ログイン」の設定方法と仕様については、こちらをどうぞ→SALESFORCEヘルプ:ログインアクセスの制御

解決内容

解決キーワード-1
代理ログイン
セッション

①「設定」-「セキュリティ」-「セッションの設定」をクリックし、「□ ユーザとしてログインしてから再ログインを強制する」のチェックを外して「保存」をクリックします。なんと、設定はコレだけ!グループ 844

② 動作を確認します。

「◯◯さん」のアカウントで代理ログイン後に、「◯◯さんとしてログアウト」をクリックします。
その後、再ログイン無しで 自分のアカウントでログインしている状態に戻っていることが確認できれば、確認OK!設定完了 です。グループ 845

最後に

「設定で長時間悩んでしまう」「効果的に利用できているのかわからない」「運用を任せられる人がいない」など、Salesforceをうまく活用できていないと感じることはありませんか?

サークレイス社の運用保守サービスは、日々のSalesforce運用を力強くサポート。
Salesforce
認定アドミニストレーターが、ちょっとしたお問い合わせ対応から運用を丸ごと任せたいというご要望まで、幅広くお応えいたします。詳しくは以下の特設ページをご覧ください。

Salesforce運用・保守でお悩みならサークレイス