Salesforceのデータ更新ツール、空白値にも対応できる?

 2020.02.14 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「Customer Service for Salesforce – Remote Service- (旧AGORA) 」のサポート担当 Miyaです。

Salesforceの運用管理をする上で、「インポートウィザード」や「Dataloader(データローダ)」を使ってデータを一括登録する作業はよくあると思います。この2つの一括更新ツール、使い方によっては思いもしない事態に陥ることも....!

今回は、データローダを使用した「空白値での更新方法」について取りあげます。

空白値で上書き更新ができない?!

「インポートウィザード」と「データローダ」、同じCSVファイルからのデータ一括更新処理を実行した場合、データローダでは空白値で上書き更新できますが、インポートウィザードだと空白値での上書き更新ができません。何が違う??

例:
一括登録ツールを使用して、「年間売上」の値を「900,750,000」から「空白」に上書き保存したい。
更新用に用意した CSVファイルデータ上には、ちゃんと「空白」を充当している。
それなのに、値が更新されない!

インポートウィザードでデータ更新

 

解決内容

〈解決キーワード〉
データローダではNull値での更新が可能
データローダの設定

残念ながら、インポートウィザードでは空白値(いわゆるNull値)での更新には対応していません。データローダであれば、ツール上の「設定」次第で対応が可能です。

 

0.念のため:データローダについて(SALESFORCEヘルプ)
Dataloader(データローダ)とは
データローダのインストールと Java の考慮事項(データローダのインストール前に準備すること)
インストールに関する考慮事項(システム要件、ログインできない場合のチェックポイント)

1.データローダの設定
データローダの ①[settings]にて ②[Insert null values] にチェックを入れて、③ [OKボタン]で設定を保存。
OKボタンをクリックしないと設定変更が反映されないので注意!
[settings] を変更した後は、再度 データローダにログインし直す必要があります。

 

データローダーの設定

 

さて、再度 一括登録を試してみます。

↓ 今度は空白の値で更新されました!

データローダーで更新

 

【注意】データローダを使用して「空白値で上書き」する更新作業は、どちらかというと「稀な作業」です。この機能を使用した後は、必ず [Insert null values] のチェックを外して、元の状態に戻しておくことをおすすめします。次回一括登録をする際、誤ってCSVファイル内に空白値が存在すると、大事なデータを期せずして 空白値で上書き保存してしまい、データ消失!ということになりかねません。

最後に

「データローダは便利だけど、苦手だからしっかり覚えたい…」
「データローダ作業のエラーが発生したときに、即時原因を教えてほしい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど
ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

Customer Service for Salesforce – Remote Service- (旧AGORA) には、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

セールスフォースの運用をサポート AGORA