News & Topics

お知らせ

2020.12.25 Press

サークレイスの社外取締役人事について(ポール与那嶺氏)

セントラル パシフィック ファイナンシャル コーポレーションの会長兼CEO、ならびに同社の子会社であるセントラル パシフィック バンクの代表取締役会長として活躍するポール与那嶺氏が12月25日付で、当社の社外取締役に就任したことをお知らせします。


当社は「地球に優しい、人に優しい、幸福な世界を実現する」という経営理念実現に向け、お客様と従業員の成功に基づいた社会問題の解決を日々の事業において達成することを目指しています。

ポール与那嶺氏はグローバルカンパニーにおける事業運営に関し、豊富な実績と経験を持ち、M&Aやコンサルティング実績に基づくアドバイスや豊富な人脈に基づくネットワーキングを通じ、上記の弊社経営理念の実現に向けて強力に支援します。

まず、新規事業であるSaaS事業「circlace」の立ち上げとビジネス拡大から開始し、海外展開、及び、同サービスをベースとしたコンサルティング事業を通じ、弊社の企業価値最大化に貢献します。

ポール与那嶺氏は社外取締役就任にあたり、以下のようにコメントしています。
「ウィズコロナの日本企業を取り巻く環境は急速に変化しており、クラウドテクノロジーの活用は今まで以上に必須です。多くの企業がクラウドを活用してITとビジネスの迅速性を実現できるよう、サークレイスの事業に提言したいと思います。」

Paul Yonamine_circlace■ポール与那嶺氏の略歴
1957年東京生まれ。サンフランシスコ大学経済学部卒業。会計士として会計事務所ピート・マーウィック(現KPMG)に入社。KPMGコンサルティング社長、日立コンサルティング社長を経て2015年、 日本IBM社長、2018年、セントラル パシフィック ファイナルシャル コーポレーション会長兼CEOおよび同社子会社であるセントラル パシフィック バンク代表取締役会長に就任。2004年にはホノルル市長の特別顧問として官民パートナーシップの推進に携わったこともある。米日カウンシル理事長。